高校時代の修学旅行の写真でフィルム調の練習

IMG_2051

最近特にフィルムに興味を持ち、憧れが強くなってきました。RICOH GRIIではポジフィルム調がエフェクトとしてありますが、有志の作例では非常にクオリティの高いものとなっております。

www.ricoh-imaging.co.jp

そこで、既存のデジタル写真でもそれっぽく現像できないかと、過去のそれっぽい写真で挑戦してみました。その過去の写真というのは、私が高校時代に沖縄に修学旅行に行った際のものです。撮影したカメラはCanon IXY 200Fです。確かその年のお年玉で買いました。私にとっては念願の、人生初のカメラで大いに喜んだ記憶があります。

http://cweb.canon.jp/manual/digitalcamera/pdf/ixy200f-cug-ja.pdf
(Canon IXY 200F PDFの説明書となっています)

フィルムのイメージ

これはあくまで私のフィルムのイメージです。

・青と緑の発色が独特
・全体的に少し淡い
・ダイナミックレンジが広い
・よく見るとノイズが目立つ
・周辺減光がある(レンズの味がそのまま)

これらを踏まえて、写真を現像してみます。

現像効果案

(Lightroomでの現像案です)

基本補正

色温度 - かぶり補正 -
露光量 - コントラスト -60
ハイライト -40 シャドウ -60
白レベル +60 黒レベル -40
明瞭度 +25 自然な彩度 +10 彩度 +25

トーンカーブ

ハイライト +21 ライト 0
ダーク -9 シャドウ -38
コントラスト 強く

効果

スタイル : ハイライト優先

適用量 -28 中心点 50
丸み 0 ぼかし 50 ハイライト 0
粒子適用量 40 粒子サイズ 20 粒子粗さ 10

これらをベースにして現像してみました。

実際に現像してみたもの

IMG_2037

IMG_2033

IMG_2027

IMG_2077

まとめ

案外フィルム感は出せたのではないでしょうか。あえて周辺減光を出したり、あえてノイズを出したり、あえて淡くしたり。いかにもインスタ映え(笑)しそうな感じに仕上がりました。ただこれらはフィルムの特徴である淡い青がメインの写真を選んだからであって、その他の日常風景でのスナップではまた違う補正が必要だと思います。
しかし、学生時代を思い出すとどうも懐かしくも悲しい気持ちになります。そういった感情もいい味を出しているのかもしれません。


Canon デジタルカメラ IXY 200F ブラウン IXY200F(BW)

Canon デジタルカメラ IXY 200F ブラウン IXY200F(BW)