高遠城址公園の桜満開宣言を受けて撮影しに行ったが早かった

今回はJPEG撮ってだしです

IMGP1782

長野県伊那市にある、日本三大桜名所とも呼ばれている高遠城址公園に、14日に行ってきました。
(URL : 平成29年度(2017)高遠城址公園さくら祭り – 天下第一のさくら)

ちなみに、満開予想の方が、以下の通りでした。
f:id:vorst:20170415232900j:plain
現地に向かうまでの私の考えでは、八分咲きが満開だからまあまあの咲き方だろう、あまり期待しないでおこうという感じでした。
そして当日。平日なのに、金曜日というのもあってか、意外と人が居ました。これが土日ならどうなるんだ…と内心ビビる。

IMGP1780

無料駐車場から見える桜です。今思えばこの時点で満開ではないのですが、何せ1年に一度の桜なので、この景色を見るだけでも感動してしまいました。それから少し歩き、有料駐車場の手前まで来る。しかしここから会場までが思ったより長い、坂なのもあって結構しんどかったです。

IMGP1789

周りがピンクで色づいています。ちょっと早い気もしましたが、休みの関係でしょうがありませんでした。

IMGP1824

しかし、会場の中は残念なことに殆ど蕾の状態でした。種類によって咲き方にムラがあるのか?申し訳ないですが、満開宣言とは…と思ってしまいました。多分会場手前の桜とかを指してるんでしょうね。

IMGP1825

IMGP1815

これが満開だったらきっと素晴らしい景色に感動すると思います。しかしこの咲き具合でも、絵になっている気がします。少し一期一会を感じます。

IMGP1833

IMGP1842

とは言っても、少し下の方はまあまあ咲いています。確かに伊那は標高が高く、夜は手と足が霜焼けになるほど寒かったので、一般的な場所より桜が咲くのが遅いのは納得がいきます。私の下調べが甘かった部分があります。散る前に見よう、遅いより早い方が幾分いいだろうと行動した結果です。しかし、こういう景色も私的には十分アリです。