読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIMI PHOTO

これらの記事は個人の感想です

PENTAX K-1を使用した所感 - 1日目

宍戸 PENTAX K-1 雑記

f:id:vorst:20170109000402j:plain

はじめに、これから購入を考えてる人へ

・操作系は完成されている
・AFはじゅうぶんに早い
・高感度は言うほど強くない
WiFi機能はないものと考えて良い


あくまで初日の感想です。


操作系は完成されている
従来のPENTAX機の延長線と考えても良いと思います。今までの操作に慣れている人は、そう時間がかからないと思います。機能が従来より増えている為に、それらを覚えるために時間がかかる程度でしょう。しかし、現時点では3つ目のダイヤルは大して使えない印象です(あれば便利なんでしょうが)。INFOボタンもあるし、そのダイヤルの部分は普通に前後と同じダイヤルで良かったのでは。私としてはそちらの方がありがたかったか?他には、AFとMFを切り替えるスイッチが小型化の為か少し操作しづらい。
個人的には、AvではグリーンボタンにISOオートが付いてほしかったが、それも別個でISOボタンがあるので、ひと手間加わるが慣れれば問題ない点だと思います。良くも悪くもPENTAX機を受け継いでいますが、本当に操作系は完成されていると感じます。


AFはじゅうぶんに早い
操作しづらいとも言われている1点セレクトAFの使用感が抜群に良く、AFもじゅうぶんに早いしピンボケがまずない。正直これに関してはまず気にするほどではないです。PENTAXはAFが弱いと言いますが、これだけを理由に踏みとどまっている方は購入して大丈夫です。


高感度は言うほど強くない
前提として、高感度に対するノイズの許容範囲は人それぞれです。
結論を言うと、気にならない範囲での最高はISO3200です。他ブログの他記事について物申すわけではないですが、正直撮って出しではISO6400でも拡大せずともノイズが分かる程度です。1段下げたISO3200だと殆ど気になりませんが。しかし、味としてはISO6400-25600までの間は許容できます(あくまで及第点ですね)。
これに関しては、かつての機種と比較してみれば2段分上げても問題ない程度の認識が丁度良いと思います。それでも十二分に進歩しているが、そこまで万能ではない。


WiFi機能はないものと考えて良い
これはスマートフォンのアプリケーションを用いて通信して画像を保存するのですが、そのアプリが使い物にならないくらい操作がひどいです。というか私の携帯では画像の保存ができない。結局、SDカードリーダーを使用せざるを得ません(前機種と変わっていない)。WiFi機能欲しさにこの機種は買わないでほしい、それくらいダメです。
ここだけは何よりも優先的に改善すべき項目だと思う。そこまで時間がかからないと思うのですが。


他に感じたことですが…。
手持ちRRSを試したのですが、画像が縫ったようになる?これについてはSSの関係もあるかもしれないので、手持ちならば昼間限定かもしれないです(そもそも風景を撮るならSSも稼げますし大丈夫かも…でも普通三脚を使用しますね。非常用か)。ただ解像度は凄まじい。
あとは親指AFが本当に使いやすい。親指AE-Lには未だ慣れてないのでこれからですが、多分もう半押し操作には戻れないでしょう。今まで煩わしかった半押しの弱点を解消してくれます。


初日ですらここまで書くことがあるんだから、よくここまで機能を詰めたカメラだなと関心するくらいです。本来の画角を使用する為だけに買っても退屈はさせないと思います。いくら浮き出る欠点があれども、カメラは退屈させないことが手放さない一番の秘訣ではないでしょうか。