SHIMI PHOTO

これらの記事は個人の感想です

スーパームーン・イヴ

f:id:vorst:20161114025050j:plain

仕事が地獄のように忙しいなか、友人が明日はスーパームーンだよと教えてくれました。あいにく明日は天気が冴えない予報なので快晴である今日、仕事終わりに撮影しました。そうこの日こそが「スーパームーン・イヴ」なのです。

そもそもスーパームーンとは、月が超巨大に見えることを指します。通常の月と比べたら直径でおよそ10%ほど大きくみえるそうです(間違っていたらすみません)。

f:id:vorst:20161114025104j:plainK-30,SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO - F8.0 1/125sec ISO100

f:id:vorst:20161114025106j:plainK-30,SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO - F8.0 1/250sec ISO100

f:id:vorst:20161114025103j:plainK-30,SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO - F8.0 1/400sec ISO100

月しか映ってなくてスーパームーン感がなかったですね。実際目視でも大して分からなくて、言われなかったら気づかなかったレベルだったり…
これらはテレ端300mmで撮影したものをトリミングしたものです。少し距離が足りないですね。WBは日陰で黄色く見せました、SSは1/250secが丁度良かったかな。月を撮影するのは初めてで、かつ人を待たせていたので急ぎ気味だったにもかかわらず意外と綺麗に撮れてました。こういったものはAPS-Cサイズの方が気軽に楽しめますね。
もし本当に大きいスーパームーンを撮影したい!という方は、日没日の出の1時間以内がいいそうです。時間に余裕のある人は、是非。