読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIMI PHOTO

これらの記事は個人の感想です

妙高市&小布施町観光の旅in車中泊 2016.9.19-20

仕事が終わり、会社の後輩と家を出発。目指すは「アパリゾート妙高高原」のイルミネーション。

www.apahotel.com※音量注意です。

会場までが遠い。スキー場かと思うほどの上り坂で、上りきるまでそれといった建物も無かった…ような。途中でイルミネーションにデコられた門をくぐり入場。

あいにくの雨だったが、目的地に近づくにつれまだマシになる。21時前に到着したのだが、なんと21時に入場が、22時にはイルミネーション自体が終了してしまうということを現地で知った。
チケットは大人1,500円。入場口のお兄さんに三脚について尋ねたところ「今日は祝日ですが、人もそこまで居ないので大丈夫ですよ」とのこと。幸運だった、雨に感謝か。

f:id:vorst:20160920203540j:plain[ 焦点距離36mm F/5.0 1/13秒 ISO-800 ]
後輩君、傘を持たせてごめん。

しかし、入場したのがラストの21時丁度であり、リミット1時間しかない。できるだけ急いで!と二人とも考えていたのだが、その考えも吹き飛ばすほどの大迫力。七色と言わんばかりのトンネルが私達を迎えてくれる。葉をよく見ると紅葉や向日葵等で構成されており、それぞれの色にテーマがあるように思える。

トンネルを抜けたら、雪国ではないが白いイルミネーションがひらけている。

f:id:vorst:20160920212054j:plain[ 焦点距離31mm F/5.0 0.6秒 ISO-100 ]
それから少し進んだところ。とても綺麗だったが、モヤがすごい。むしろそれが幻想的だった。

f:id:vorst:20160920212216j:plain[ 焦点距離24mm F/4.0 1/8秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920212818j:plain[ 焦点距離50mm F/1.8 1/30秒 ISO-100 ]
恐竜のタマゴ?があった。5分毎に演出をするらしい。とても綺麗。

先に進むと橋もある。
f:id:vorst:20160920213449j:plain[ 焦点距離18mm F/3.5 1秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920214449j:plain[ 焦点距離31mm F/4.5 1/2秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920214620j:plain[ 焦点距離28mm F/4.0 0.6秒 ISO-100 ]
家も大げさに光っている。

f:id:vorst:20160920215041j:plain[ 焦点距離18mm F/3.6 1/2秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920214931j:plain[ 焦点距離36mm F/4.5 0.6秒 ISO-100 ]
お花畑をイメージしているのかな。先ほどのタマゴから孵ったドラゴン?
全部が現実とは思えないくらい、煌々と輝いている。

f:id:vorst:20160920215457j:plain[ 焦点距離18mm F/4.0 1/3秒 ISO-100 ]
非常に残念だった。モヤで一番の大物でありこのイルミネーションの顔であるドラゴンを拝めなかった。

男二人でも十分すぎるくらい楽しめたが、やはりこういったところはカップルで来るべきだね、と笑いながら話す。時間も1時間と限られていたし、割と急いで消灯5分前だったので、これを見て観に行く人は時間に余裕を持って。
駐車場にプレハブの屋台が並んでいるのだが、そこでオムそば?を買った。丁度最後2パック余っていたみたいで、加えてお兄さんの気前が良く、少しまけてもらった。

その日は「道の駅あらい」で寝た。

――――――――――――――

次の日、長野県にある小布施を目指す。目的は「小布施堂本店」の「朱雀」というモンブラン

http://www.obusedo.com/store/event/2016/suzaku/index.htmlwww.obusedo.com

しかし

f:id:vorst:20160920220642j:plain[ 焦点距離28mm F/4.0 1/160秒 ISO-100 ]
結果は敗北。正直とても驚いたし悔しかった。平日だからと余裕をぶっこいていたが、11時前でも完売って相当だぞ。シルバーウィークで年休を取っている人が多かった為か、普通に観光客がいっぱいいた。食べさせてあげられなくてごめんね。
(ちなみに職場の先輩にこの店を教えてもらったのだが、その時は休日昼頃でも大丈夫だったらしい開店前に並んだらしいです。)

道なりに歩いていったら、モンブランと書いてある旗が立った店が。

www.kanseido.co.jp

妥協だと思って入ったこの店は、正直すごく美味しかった。紅茶とケーキの専門店らしく、モンブランもまず匂いから美味しいし、しつこいくらい栗の味が良かった(ほめ言葉)。紅茶も薫り高く、ケーキとの愛称が抜群だった。ちなみに頼んだのはモンブランと栗の木オリジナルティー。店の人曰く、今日丁度新しい栗を仕入れたらしかった。

f:id:vorst:20160920221921j:plain[ 焦点距離48mm F/4.5 1/5秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920222016j:plain[ 焦点距離21mm F/4.0 1/6秒 ISO-100 ]

店を出たら雨が降っていた。要らないだろうと車に置いて来たのが間違いだった。もっと観光したかったが、仕方なく車までダッシュ。小布施町、とても綺麗な場所でした。
URL:小布施文化観光協会公式サイト「信州小布施案内図録‐小布施日和」(小布施観光協会)

f:id:vorst:20160920225702j:plain[ 焦点距離36mm F/4.5 1/160秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920225801j:plain[ 焦点距離18mm F/4.0 1/320秒 ISO-200 ]

f:id:vorst:20160920225813j:plain[ 焦点距離18mm F/4.0 1/100秒 ISO-200 ]

f:id:vorst:20160920225853j:plain[ 焦点距離48mm F/4.5 1/100秒 ISO-100 ]

f:id:vorst:20160920225554j:plain[ 焦点距離18mm F/4.0 1/80秒 ISO-200 ]
こういった庭でも、楽しんでもらう為に個人が開放しているそう。


その後は妙高市まで戻り、「ミサ食堂 本店」でみそラーメンを食べた。

http://tabelog.com/niigata/A1503/A150303/15007748/tabelog.comミサは他に2店舗あるのだが、本店が一番美味しいらしい。大盛は相当量が多いので注意を。

家までの通り道にある温泉に入った。満腹と温泉のダブルパンチで眠かったが無事帰宅。とても楽しい旅だった。次はもっと計画的にね。
大体悪天候だったが、それでも気兼ねなくカメラを構えられる防滴仕様のK-30はとても偉大だった。



追記 (2016/9/22)

www.obusedo.com
小布施堂本店裏あたりにある「えんとつ」というお店で通年「モンブラン朱雀」が食べられます。期間限定である「栗の点心 朱雀」とは違いますが、もし片方が終了していても、もう片方も覗いてみることを推奨します。両方整理券です。